人を活かし、技術を活かし、時代の波に乗り続ける

三菱製鋼グループは「特殊鋼をつくり加工する」素材から製品までをつくる一貫メーカーとして歩んできました。
当社の歴史は、1904年東京スプリング製作所として、紡績機械用の小さなばねをつくることから始まりました。当時はばねの材料は欧米からの輸入が中心であり、僅かに国内で入手していました。第一次世界大戦が始まると材料の入手は困難になり、生産活動を続けるために自分たちでばねの材料である特殊鋼の生産を手掛けるようになりました。
現代で言うベンチャー企業であり、この時から「素材から製品まで」をつくり上げる精神と何事にもチャレンジするというDNAは今なお綿々と引き継がれています。

現在私たちは、2023年度~2025年度の3ヵ年を対象とする「2023中期経営計画」を策定し、各施策を進めています。この計画では「人を活かし、技術を活かし、時代の波に乗りつづける企業でありたい」をスローガンに掲げ、2030年のありたい姿からバックキャストして、この3年間でやるべきことを計画に織り込んでいます。私たちをとりまく事業環境は、「E(環境)・S(社会)・G(ガバナンス)」に対する意識の高まり、電動化・デジタル化の加速、地政学リスク等、目まぐるしく変化しています。同計画で掲げた、基盤事業の“稼ぐ力”の強化と戦略事業の“育成”を推進するとともに、当社のDNAである「チャレンジ精神」を持って、従来の枠にとらわれることなく、新たな価値を創造し提供していくことで、変化に対する対応力を磨き、持続的成長を実現してまいります。
また、「マーケットイン」の考え方のもとお客様の声に応える製品開発・提供を進めるとともに、社会の発展への貢献など、企業価値向上に向けて全社一丸となって取り組むことで、ステークホルダーの皆様の期待に応えてまいります。
今後とも皆様方のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。