2022年(令和4年)

2022年10月27日

インドネシア国家規格SNI(Standard National Indonesia)炭素鋼
規格認証を取得

 当社グループのPT. JATIM TAMAN STEEL MFG.(以下「JATIM社」)は、インドネシア国家標準化庁が定めた国家規格であるSNI(Standard National Indonesia)認証を取得しました。SNI認証は食品、建設、安全衛生、素材技術など多岐にわたる分野で規格が定められ運用されていますが、今回SNI認証の対象となった機械構造用炭素鋼は、JATIM社がインドネシア国内で量産を開始したことを受けて、2021年8月に規格が制定されました。運用に向けた規格認証プロセスが2022年に開始され、JATIM社は6月下旬に認証監査を受審し9月26日に合格となりました。炭素鋼規格認証はJATIM社が規格認証第一号となります。
 今後も、インドネシアをはじめとしたASEAN地域の特殊鋼鋼材需要へ積極的に対応してまいります。

認証書

お問い合わせ先:鋼材営業部 TEL 03-3536-3151

2022年10月11日

洋上風力発電設備向け部品用鋼材のサプライヤーとして「TPG 認証」を
取得

 当社グループの子会社である三菱製鋼室蘭特殊鋼株式会社(以下「MSR」)はこのたび、洋上風力発電設備向け部品用鋼材のサプライヤーとして、「TPG (Transportation & Power Generation) 認証(※)」(以下「TPG 認証」)を取得しました。
 今回対象となったのは、洋上風力発電の風車用タワーフランジボルトで、一部お客様から認証取得の要請を受け、鉄鋼製造の分野において認証を取得しました。同分野の認証取得は全世界で3社目(日本では2社目)となります。
 同社は、当社グループの国内特殊鋼製造拠点であり、お客様のさまざまなニーズに応えるべく、生産改善や品質向上に取り組んでおります。こうした同社の製造技術や品質がTPG 要求事項を満たしていると認められたことにより、認証を取得することができました。これにより、洋上風力発電設備の部品にTPG 認証が必要となる場合においても、素材として同社の特殊鋼鋼材が使用可能となります。
 三菱製鋼グループでは、今回認証を受けた製品のほか、グループ会社の三菱長崎機工㈱でも、洋上風力発電用部材や洋上風車設置作業船(SEP 船)向け関連機器等の製品を扱っております。また、MSR の工場がある室蘭市の「室蘭脱炭素社会創造協議会」や「MOPA(室蘭洋上風力関連事業推進協議会)」にも参加するなど、「洋上風力発電関連事業」を重要な成長分野として位置付けており、脱炭素社会の実現に向けて、今後も積極的な取り組みを進めてまいります。
※TPG 認証:輸送及び発電関連の製品の製造に関して、鉄鋼製造、鋳造、表面処理などの7分野の認証分野ごとに、TPG 要求事項を満たしていることを証明する米国の認証制度

お問い合わせ先:広報・IR部 TEL 03-3536-3118

2022年10月11日

「インターナショナル メタル テクノロジー インドネシア」に出展

 当社グループのPT. JATIM TAMAN STEEL MFG.(以下JATIM社)は、9月21日~23日の3日間、Jakarta International Expoで開催された「インターナショナル メタル テクノロジー」(以下IMT)に事業紹介のブースを出展しました。IMTは、インドネシア産業省主催の国内金属メーカーや加工メーカーなど多数の企業が参加する展示会です。今回、産業省金属工業局の招待により出展しました。
 JATIM社はインドネシア唯一の特殊鋼メーカーで注目度も高く、多数の来場者がブースを訪れました。
 今後も、ASEAN地域を中心に積極的に拡販活動を推進してまいります。

展示会の様子
展示会ブース

お問い合わせ先:鋼材営業部 TEL 03-3536-3151

2022年8月26日

「廃モータからの銅線回収システム」が日本産業機械工業会会長賞を受賞

 当社グループの三菱長崎機工㈱が開発した「廃モータからの銅線回収システム」(※1)が、日本産業機械工業会主催「第48回優秀環境装置表彰」(※2)において、日本産業機械工業会会長賞を受賞しました。
 本システムは、磁力選別機、渦電流式選別機、色彩光学選別機から構成された雑品屑破砕品選別ラインにより、廃家電品や廃自動車に含まれるモータから、銅線を高精度に選別回収するシステムです。
 今後も、お客様へ満足いただける製品と技術を提供できるよう取り組んでまいります。

(※1)2020年6月にお客様へ納入。
(※2)経済産業省後援で毎年7月に開催。国内外の環境問題に対処する優秀な環境装置を開発した企業や開発者を表彰している。


[雑品屑破砕品選別ラインPR動画のリンク](三菱長崎機工HP)

第48回優秀環境装置表彰 表彰状と盾

お問い合わせ先:三菱長崎機工(株) TEL 03-5548-2331

2022年5月27日

㈱SUBARU殿より品質生産協力賞を受賞

 当社は、㈱SUBARU殿より、品質生産協力賞を受賞しました。これは、新型車の量産開始において発生した緊急課題に対応し、事業部と関係部門が一体となり、迅速な対応をおこない遅延なく量産に至ったことが評価され、今回の受賞にいたりました。
 今後も、当社一丸となり、さらに顧客満足度を上げていけるよう取り組んでまいります。

品質生産協力賞 表彰盾

お問い合わせ先:ばね営業部 TEL 0436-40-1116

2022年5月27日

PT. Toyota Motor Manufacturing Indonesia殿よりSpecial Appreciation excellent in local material developmentを受賞

 当社グループのPT. JATIM TAMAN STEEL MFG.が、トヨタ自動車の製造子会社PT. Toyota Motor Manufacturing Indonesia(以下TMMIN)殿からSpecial Appreciation excellent in local material developmentを受賞しました。これは、TMMIN殿が製造する自動車のスタビライザの材料にJATIM材が採用され、現地での材料開発・製造に貢献したことにより今回の受賞に至りました。
 今後も、お客様の求める特性を付加した材料開発から量産まで、さらに顧客満足度を上げていけるよう取り組んでまいります。

材料開発・製造への貢献
表彰盾

お問い合わせ先:鋼材営業部 TEL 03-3536-3151

2022年5月11日

AMCのガスアトマイズ量産装置が稼働開始

 千葉製作所内に設立したAMC(Advanced Materials Center)のガスアトマイズ量産装置は、各種試運転を経て、2022年4月に稼働を開始しました。当装置により、今後成長が期待される3Dプリンター用、溶射用等の高機能(低酸素、球形状)粉末の量産製造が可能となります。また、カーボンニュートラル関連製品の開発にも活用を進めてまいります。
 なお、AMCについては、先端材料や将来テーマに向けた新製品等の開発を全社レベルで推進する組織体制とするため、事業部から分離し、その機能を技術開発センターに統合しております。

ガスアトマイズ量産装置

お問い合わせ先:技術開発センター TEL 0436-42-8713

2022年4月21日

日刊工業新聞東京支社発行「関東の長寿企業2022年春」に当社記事が掲載

 2022年4月発行「関東の長寿企業2022年春」に、「素材から製品までの一貫体制で、顧客の信頼を獲得」と題して、当社の記事が掲載されました。同書籍は、「大企業から中堅・中小企業まで、長く事業を継続し、さらに成長していく関東の企業約60社のその長寿の秘訣をポイント解説。圧倒的な商品力、独創的な技術力、徹底した顧客対応力など、各社の長寿の源泉を新聞社の第三者視点で掘り下げる。」内容となっております。
 当社掲載記事は下記リンクからご覧いただけます。
当社掲載記事(PDF:331KB)
※「関東の長寿企業2022年春」(日刊工業新聞東京支社発行)からの転載
※ 記事の転載・配布はご遠慮ください

お問い合わせ先:広報・IR部 TEL 03-3536-3118