2021年(令和3年)

2021年12月24日

Canon Business Machines(Philippines),Inc.殿より2021年Quality Excellence Awardを受賞

 当社グループのMSM Philippines Mfg.Inc.が、Canon Business Machines(Philippines),Inc.(キヤノンビジネスマシンズフィリピン)殿より、2021年Quality Excellence Awardを受賞しました。供給している精密ばね及び精密組立品の品質が、年間を通して高いレベルを維持したことにより今回の受賞に至りました。
 本表彰は、MSM Philippines Mfg.Inc.を含め12社のみ授与されました。
 今後も引き続き高いレベルでの品質管理を実行し、事業部一体となって更に顧客満足度を上げていけるよう、取り組んでまいります。

お問い合わせ先:ばね営業部 TEL 0436-40-1116

2021年12月24日

ドローン向け機構部品の量産納入を開始

 当社は、ドローン向け機構部品の量産納入を開始しました。
 ドローンは労働力不足を解消する製品として、農業、産業、医療、物流、インフラ監視分野等、幅広い業界で積極的な導入が期待されており、今後需要が大きく伸びると予測されております。
 ESG取り組みの一環として、ドローンへの部品供給を通じ、社会課題の解決へ貢献してまいります。

お問い合わせ先:ばね営業部 TEL 0436-40-1116

2021年12月15日

圧延工場が大形ライン累計圧延量2,000万トン達成

 当社グループの三菱製鋼室蘭特殊鋼㈱の圧延工場が、1994年の操業開始以降、大形ライン累計圧延量2,000万トンを達成しました。
 これを記念し、2021年10月15日圧延工場にて横断幕を前に記念撮影を行いました。
 今後も多様化するお客様のニーズにお応えし、安全第一で高品質な製品づくりに努めてまいります。

お問合せ先 : 三菱製鋼室蘭特殊鋼㈱室蘭製作所 TEL 0143-41-2800

2021年12月15日

ASME U3認証スタンプを取得

 当社グループの三菱長崎機工㈱は、圧力容器においてASMEスタンプ(S、U、U2)(※)を取得しておりますが、2021年9月、新たにU3スタンプ(溶接、ろう付けまたは溶射を除く)の取得審査を受け、認証を受けることができました。
 本認証により、約70MPa以上の超高圧圧力容器を製造することが可能となります。認証を保有する企業は世界でも50社ほどで、そのうち日本では三菱長崎機工㈱を含め、わずか3社のみです。
 今回の認証取得により三菱長崎機工㈱の優位性を存分にアピールし、事業展開していくことが期待されます。

(※)ASME(American Society of Mechanical Engineers)=アメリカ機械学会の略称。
  スタンプ(S、U、U2、U3)=ASMEが定める規格。

ASME-U3 認定書

お問い合わせ先:三菱長崎機工(株) TEL 095-871-2211

2021年11月02日

いすゞ自動車㈱殿より品質達成賞を受賞

 当社は、いすゞ自動車㈱殿より、2020年度品質達成賞を受賞しました。これは、当社の板ばね納入品質及び市場品質が評価されたことによる表彰で、当社を含め上位18社が選出されました。今後も引き続き高いレベルでの品質管理を実行し、事業部一体となってさらに顧客満足度を上げていけるよう、取り組んでまいります。

表彰状
板ばね

お問い合わせ先:ばね営業部 TEL 0436-40-1116

2021年11月02日

中空スタビライザ軽量化技術の開発

 このたび、当社独自の内面加工技術の開発により、従来の中空スタビライザ製品に比べ2割以上の軽量化を実現しました。本技術により耐久性が向上し、より薄肉の中空スタビライザが適用可能となります。
 既に特許も取得しており、燃費向上に加え近年の電気自動車開発の加速化により、ますます高まる部品の軽量化ニーズに応えてまいります。

中空スタビライザ
2割以上の軽量化を達成
(中空スタビライザでの比較)

お問い合わせ先:技術開発センター TEL 0436-42-8713

2021年7月15日

千葉AMCで、VIM(真空誘導溶解炉)装置の安全祈願式を開催

 6月14日に、開発・試作・改善を目的として千葉製作所内に設立した千葉AMC(Advanced Materials Center)にて、VIM装置の安全祈願式を執り行いました。当日は、コロナ禍により規模を縮小して開催し、安全操業と完全無災害を祈願しました。
 6月16日から操業を開始し、無事出鋼、鋳込みを完了することができました。VIM装置は、コロナ禍の影響で完成が遅延しておりましたが、2020中期経営計画で策定した諸施策のひとつである素形材製品の一貫生産モデルとして、素形材製品の素材内製化及び研究開発溶解用設備としての役割が期待されます。今後とも「製品力の向上」「新技術の開発」「モノづくり力の強化」を推進し、国内外拠点の支援強化を図ってまいります。

VIM装置の安全祈願式の様子
コロナ禍により規模を縮小して開催

お問い合わせ先:技術開発センター TEL 0436-42-8713
素形材営業部 TEL 03-3536-3122

2021年3月18日

三菱製鋼室蘭特殊鋼株式会社が、室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)に加入

 三菱製鋼室蘭特殊鋼株式会社は、室蘭洋上風力関連事業推進協議会(以下「MOPA」という)に加入いたしました。
 MOPAは、北海道室蘭市で洋上風力関連事業を誘致し、地元産業の活性化を目指すことを目的に2020年1月に発足いたしました。現在、20企業・団体が加入しており、産学官連携で室蘭市の港湾や産業集積の優位性を国内外の事業者に対してアピールすると同時に、地元に対し洋上風力事業の将来性など、周知、理解を広げる活動を行っています。
 MOPA加入を通じて、洋上風力発電を活用した低炭素社会への実現に向けて取り組んでまいります。

MOPA 公式ウェブサイト:https://mopa-j.com/jp/

お問い合わせ先:三菱製鋼室蘭特殊鋼株式会社 TEL 0143-41-2800

2021年2月10日

千葉製作所内に精密鋳造試作ライン・精密機械加工試作ラインを新設

 素形材事業の海外拠点であるMSM(THAILAND)CO.,LTD.のマザー工場(※)として、2020年4月に精密鋳造試作ライン、2020年11月に精密機械加工試作ラインを千葉製作所(千葉県市原市)内に新設し、稼働を開始しました。
 試作ラインではタービンホイール等の耐熱耐食鋼や精密機械加工品の「モノづくり力の強化」と「製品開発力の向上」を推進し、マザー工場としてMSM(THAILAND)CO.,LTD.へ技術支援を行っています。また、お客様の求める特性を付加した材料開発から量産まで、「素形材一貫モデルの構築」を進めてまいります。

(※)千葉製作所内に導入するVIM(真空誘導溶解炉)や各種の試験・試作ラインにより得られた技術知見を、主に海外工場へ展開することを目的にしたモデル工場。

精密鋳造品
ターボチャージャー用タービンホイール
精密機械加工品
燃料噴射装置用部品
精密鋳造試作ライン
精密機械加工試作ライン

お問い合わせ先:素形材営業部 TEL 03-3536-3122

2021年2月10日

広田製作所内に金属微粉末製造用の水アトマイズ試作ラインを新設

 2020年10月に素形材事業の国内拠点である広田製作所(福島県会津若松市)内に、金属微粉末製造用の水アトマイズ試作ラインを新設し、稼働を開始しました。
 同試作ラインではMIM(金属射出成型)用微粉末やインダクターなどに使用される軟質磁性粉末の品質と技術向上を目的に試験を行っています。
 今後、水アトマイズ法による金属微粉末製造のノウハウを積み重ね、さらなる品質特性の改善と新規材料開発ニーズに対応してまいります。

水アトマイズ試作ライン
試作ラインで製造した金属微粉末(SUS630)
SEM画像(×2000)

お問い合わせ先:素形材営業部 TEL 03-3536-3122