2013年(平成25年)

2013年11月27日

圧延力・世界最大級のリング圧延設備を納入

 当社グループの三菱長崎機工株式会社は、国内外に100台以上のリングミル設備を納入している世界有数のリングミルメーカーです。このほど自由鍛造品専業メーカーの株式会社中村鉄工所殿向けに、世界最大級のリング圧延設備「MRB-3000」を納入しました。
 「MRB-3000」は水平圧延力が最大1,050トン、垂直圧延力が最大800トンで、製品最大径3,000mm、製品最大高さ1,000mm、製品最大重量20トンです。1,000トンを超える水平圧延力を持つリングミルは国内初で世界にも数台しかなく、航空機向けなど高度なリング製造分野では世界最大です。本設備の納入を機に、より高度なリング製造の分野へ設備提供を進めてまいります。

圧延力・世界最大級のリング圧延設備「MRB-3000」
最大径3,000mm
最大高さ1,000mm

お問い合わせ先:三菱長崎機工(株) TEL 095-871-2211

2013年07月10日

太陽光発電の開始

 千葉製作所内の約1万m2の遊休地を活用して太陽光パネル約3,000枚を設置し、4月8日から発電を開始しました。一般家庭200軒分に相当する年間約80万kWhの電力を供給しており、年間250トン分のCO2が削減されます。

千葉製作所内に設置した約3,000枚の太陽光パネル

お問い合わせ先:広報・IR部 TEL 03-3536-3118

2013年02月18日

環境装置「メタサウルス」の試運転がスタート!

 当社グループ三菱長崎機工株式会社の環境装置「メタサウルス」が、長崎市東部下水処理場に完成し2013年1月から試運転がスタートしました。 処理能力は、長崎市東部下水処理場から排出される流入汚水量(約10,000m3/日)を、全量処理できます。
 本プラントは、2012年4月に国土交通省が実施する「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」に、同社および長崎県・長崎市・長崎総合科学大学の産学官チームとして応募し、「温室効果ガスを排出しない次世代型下水汚泥固形燃料化技術」という内容が高く評価され、採択されました。
 本プラントは、脱水汚泥を最大で1/5にまで減量化することが可能となり減量後の脱水汚泥は火力発電などで燃料としての使用やリンの含有量が多いことを生かしてそのまま肥料としても利用が可能です。使用する熱エネルギーは全量処理中に発生するバイオガスで賄えるため、CO2の発生がなくゼロ・エミッション化を可能としました。
 今春竣工式を執り行い、本稼動を開始いたします。

メタサウルス全景

お問い合わせ先:三菱長崎機工(株) TEL 095-871-2211