幅広い経験を積みながら
経理のスペシャリストとして成長したい

山村 幸代 SACHIYO YAMAMURA 

本社 経理部会計グループ
2014 年度入社
会計研究科 専攻

幅広い経験を積みながら
経理のスペシャリストとして成長したい

山村 幸代 SACHIYO YAMAMURA 

本社 経理部会計グループ
2014 年度入社
会計研究科 専攻

01 INTERVIEW

就活では自分と縁のある
仕事&会社を探した

就職活動にあたっては、特に業種や職種を絞っていませんでした。「何が自分に合うのか」がわからなかった。そこで、「説明会や面接を通してお互いを理解したうえで内定をもらえた会社が、自分と縁のある、行くべき場所なのだ」と思いながら、幅広い業界を調べるうちに、ある合同企業説明会で三菱製鋼と出会いました。第一印象は、説明を担当した社員の方から伝わってくる会社の雰囲気が自分に合っていそうだということ。そして、三菱製鋼が日本のものづくりを担う素材メーカーだという点に魅力を感じました。学生時代に海外で生活した時に、「日本製品はすごい」と評価されているのを身を持って体験していたからでしょうか。

02 INTERVIEW

業績を株主・投資家に
報告する義務を担う

三菱製鋼の損益・財政状態の分析管理を行う部署に所属し、主に開示業務を担当しています。開示業務とは、三菱製鋼の財政状態および経営成績に関係会社の数値を足し合わせ、企業グループとしての成績表=連結決算書を作成し外部に開示するための一連の業務をいいます。私の担当する業務のひとつに、法律によって開示が義務付けられている有価証券報告書の発行があります。企業の業績を株主・投資家に報告するやりがいのある仕事ですが、それだけに大きな責任を伴います。「企業の実態を開示する」という目的のもと開示する情報ですから、誤りは許されないのです。作成にあたっては、情報源の信頼性を、資料や契約書を確認したり、国内・海外子会社と直接連絡をとったりして念入りにチェックしています。

03 INTERVIEW

他部門を知ることで、
もっと経理を知る

入社2年目で「会社の経営にとって重要な仕事」を任されていることに、とても満足しています。また有価証券報告書などの作成を通して、三菱製鋼単体だけでなく海外子会社を含めた企業グループ全体の仕組みや状態を把握できますから、勉強になる仕事をさせてもらっていると感謝しています。この先もずっと経理の分野でキャリアを積んでいくつもりですが、当面の目標は、経理以外の業務を経験することです。具体的には人事ローテーションで工場や営業関係の仕事にも一度就いてみる。そうすれば、工場の資産、売掛金や買掛金など今の私が十分に理解していない数字がわかるようになり、経理のスペシャリストとしてステップアップできるのではないかと考えています。

休日の過ごし方

行ったことのなかった
東日本エリアを満喫

就職して東京勤務になったのを機に、東日本を満喫しています。週末には、大学までを過ごしていた関西からは足を延ばせなかったエリア、新潟や東北などに出かけています。キャンプや温泉なども楽しんでいますが、冬は何といってもスノーボード。決算業務で忙しい一部の時期を除いて、シーズン中は2週間に1回はスキー場へ向かいます。他には週末を利用して、韓国や台湾にグルメ旅行をすることもあります。海外旅行は大好きで、最近も長期休暇にはニューヨーク、ドバイへ。おばあさんおじいさんになったら、豪華客船に乗って世界一周をすることが夢です。