「世の中になくてはならない製品」
を扱うやりがいがある

肱黒 義則 YOSHINORI HIJIKURO 

鋼材事業部 鋼材営業部 東京鋼材第二グループ
2014 年度入社
経済学部卒

「世の中になくてはならない製品」
を扱うやりがいがある

肱黒 義則 YOSHINORI HIJIKURO 

鋼材事業部 鋼材営業部 東京鋼材第二グループ
2014 年度入社
経済学部卒

01 INTERVIEW

自分でつくり自分で売る、
そのシンプルさに共感

そもそも素材系のメーカーを意識したのは、父が素材系のメーカーに勤めていたから。それに「自分の会社でつくった製品を自分で売る」というシンプルなビジネスである点にも共感を覚えました。といっても、鋼材そのものについては知識も興味も全くない状態でした。それが三菱製鋼の説明会に出席し、「鋼材が世の中のあらゆるところに使用されている」ということを知って、「ここでなら幅広い業界を股にかけて活躍できる」と惹きつけられました。それに営業を志望していましたから、「トップシェアを持つ会社のビジネスを営業として引っ張るのはとてもやりがいがありそうだ」と感じたことも大きな志望動機になりました。

02 INTERVIEW

1人に1カ月で億単位の
ビジネスが任される

現在の担当業務は、建設機械や自動車・トラック、産業機械などのメーカーや、問屋向けの特殊鋼鋼材の営業。新規製品の拡販活動に加えて、既に受注した製品についても、工場と連携しながら生産・納期調整、品質問題への対応にあたる、多岐にわたる仕事です。職場の特徴は一言でいうと、少数精鋭。1人当たりに1カ月の売上高で億単位のビジネスが任されます。自分の成績が会社全体の業績に直結するプレッシャーはかなり大きいですが、それだけに受注に繋がった時には大きな達成感が味わえます。その他、当社製品の多くは、社会のインフラを担う機械や車両用の重要部品に使われていますから、「世の中になくてはならない製品を扱っているのだ」という自負も仕事のモチベーションになります。

03 INTERVIEW

第2、第3の事業の
柱づくりに貢献したい

あるお客様から「現在購入している海外メーカーよりもハイスペックな鋼材をつくれないか」と相談をいただいたことがありました。とはいえ、これは容易ではありませんでした。当社で量産化していない鋼種である上、「リンや 硫黄などの不純物がJIS規格の基準値より遥かに少ないものを」という難易度の高い要望があったからです。工場や品質保証部門と一体となって約3か月にわたる試行錯誤を繰り返した結果、何とか受注に至ることができました。その製品についてのシェアは、今では当社が100%を占めるようになり、この経験が営業担当としての大きな自信になっています。こうした自信をもっと積み重ねながら、将来は当社が進出していない市場にも踏み込んでいって、第2、第3の事業の柱づくりに貢献する存在になりたいと思います。

休日の過ごし方

フルマラソンを目標に
トレーニングに励む

オフは自宅でゆっくり過ごすことも多いのですが、好きなスポーツもよく楽しんでいます。ひとつは、高校まで部活動でやっていた野球で、もうひとつが1年くらい前から始めたランニングです。会社の陸上部に所属して、定期的に10kmの大会に出場してきましたが、先日は20kmのハーフマラソンにも挑みました。人生初の挑戦だったこともあり完走できるかどうか不安でしたが、制限時間内で無事にゴールまでたどり着くことができました。ゆくゆくは会社の仲間といっしょに、フルマラソン、例えば東京マラソンを走ってみたいです。