お客様とともに

当社グループは、営業・製造・品質保証部門が一体となって、お客様の満足と信頼を得られる製品を提供し続けることで、社会の発展に貢献します。

お客様満足の向上

当社グループの製品がお客様の満足と信頼を得るため、営業・製造・品質保証部門が一体となって品質向上に努めています。クレームに対しては、製造現場の作業長や担当者を含めて「クレーム対策会議」を開催し、品質会議等でクレームの原因究明と是正措置の徹底を継続した結果、2015年度の品質クレーム指数は、前年度に比べ9%減となりました。

品質ISO等取得状況

【ISO9001】

国内事業所

事業所名 取得年月
千葉製作所 2003年12月
広田製作所 2008年10月

国内関連会社

社名 取得年月
三菱長崎機工(株) 1995年3月
三菱製鋼室蘭特殊鋼(株) 2015年3月

海外関連会社

社名 取得年月
MSM CEBU, INC. 1998年3月
MSM(THAILAND)CO., LTD. 1999年3月

【ISO/TS16949】

海外関連会社

社名 取得年月
MSSC CANADA INC. 2004年7月
MSSC US INC. 2004年9月
MSM(THAILAND)CO., LTD. 2007年2月
寧波菱鋼弾簧有限公司 2009年10月

有害な化学物質管理への対応

国際的な化学物質管理が次々と制定され、製品に対する有害な化学物質の非含有要求がますます高まっています。当社グループは、製品中の有害な化学物質を管理する体制を整えており、欧州のRoHS 指令やREACH 規則などに対するお客様の要求に対応しています。環境負荷物質に関する書類を発行し、意図的に添加していないことを保証しています。

品質保証に関する有害な化学物質

  • 鉛及び鉛化合物
  • カドミウム及びカドミウム化合物
  • 水銀及び水銀化合物
  • 六価クロム
  • ポリ臭化ビフェニル類(PBB 類)
  • ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE 類)など

お客様からの評価

お客様から以下の表彰等をいただきました。

お客様 表彰内容 当社グループ
広汽豊田汽車有限公司 品質協力賞 寧波菱鋼弾簧有限公司
天津一汽豊田汽車有限公司 品質達成賞 寧波菱鋼弾簧有限公司
四川一汽豊田汽車有限公司長春豊越公司 品質達成賞 寧波菱鋼弾簧有限公司
General Motors Company GM Supplier Quality
Excellence Award (GM品質)
MSSC CANADA INC.
General Motors Company ※GMサービスのオンタイム
デリバリー
MSSC CANADA INC.
  • GM Customer Care and Aftersales, Certificate of Excellence Gold Supplier Status

お取引様とともに

当社では「三菱製鋼グループ企業行動指針」に基づき、顧客ニーズを満足させる製品とサービスを提供するために、公正・公平な取引を実施し、ビジネスパートナーであるお取引先様とともに、法令遵守・環境・安全・人権保護に配慮した調達活動を推進していきます。

三菱製鋼グループの資材方針

  • 当社では調達取引におけるコンプライアンス違反がないよう、内部監査を実施し、下請法他関連法規の遵守状況を確認しています。また。「下請法マニュアル」により、定期的に社内関係者への教育を行い、責任者から担当者まで、法律理解を深めています。

【2015年度実施】

実施内容 実施拠点数
資材内部監査 3
資材関連社内教育 4
  • 全ての取引に関して、公正・公平な取引の機会を提供し、また、全てのお取引先様と良きパートナーシップを築き、信頼関係の維持向上に努めています。
  • 調達取引先及び調達品選定においては、環境負荷低減に配慮した調達活動を推進しています。
  • 基本的人権を尊重するとともに、労働安全衛生に配慮した調達活動を推進しています。
    ≪コンフリクトミネラル(鉱物紛争対策)≫
    人権保護の観点から、コンフリクトフリーであることを確認して原材料の購入を進めています。
    また、お客様からのサプライチェーン調査へも随時対応しています。
  • お取引先様へも資材方針を説明し、CSR調達の推進にご理解とご協力をお願いしています。

お取引先様との取り組み

主要なお取引先様へは、資材方針についての基本的な考え方を説明するとともに、法令遵守や地球環境への配慮についての協力を呼びかけています。また、各事業所では、お取引先様とともに人権・労働環境・環境保護に関する問題に取り組んでいます。各事業所及びグループ各社の資材部門等に対しては、下請法の内部監査・教育を継続実施しています。

従業員とともに(安全と健康)

当社グループは、「安全は全てに優先する」という考えのもと、安全で健康的に働ける、快適な職場環境づくりを推進しています。

安全衛生の取り組み

安全衛生委員会の開催(広田製作所)

事業所ごとに会社と労働組合のメンバーで構成された安全衛生委員会を設置し、安全衛生に関する情報を共有するとともに、労働災害の防止と従業員の健康の維持・管理・増進を図っています。
災害が発生した場合は、原因を分析するとともに対策を施し、他の事業所へ情報の展開及び共有を行っています。

安全の状況

休業災害の撲滅に向け、経営トップによる各事業所及び子会社の安全衛生トップパトロールを実施しました。各場所を視察し、災害が発生した現場においては、災害の発生原因と改善対策の確認を行いました。

安全衛生トップパトロール(千葉製作所)

各場所の安全活動

職場巡視を繰り返すことにより、職場に潜む危険を見つけ、都度必要な対策を実施しています。また、教育・訓練を繰り返し行うことで安全に対する感受性を高め、職場全体で危険の芽を摘み取る取り組みを実施しています。

危険予知訓練による安全意識の向上(千葉製作所)

フォークリフト技能コンクール開催

各所で、フォークリフト技能コンクールを行いました。決められたコースで荷物の運搬を行い、運搬作業の安全・正確・効率の向上を図りました。

広田製作所

防火・防災訓練の実施

各拠点において、防火・防災訓練を定期的に実施しています。地域の消防署に講評をいただき、レビューを行うことでレベルアップを図っています。
本社では、防火・防災訓練の一環で普通救命講習会を実施しています。管轄区域にある消防署の方を講師に招き、心肺蘇生法やAEDの取り扱いの実習等を行い、緊急時の対応を学びました。
千葉製作所では、千葉県東方沖を震源とする震度6強の地震を想定した避難・防災訓練を実施しました。海岸沿いのため、津波を想定した建屋2階への二次避難、けが人の救出・搬送・応急手当訓練、屋内消火栓を使用した放水訓練等を行いました。

普通救命講習会(本社)
自衛消防隊による消火訓練(千葉製作所)

海外生産拠点における安全衛生の取り組み

当社グループは、北米・アジア地域に生産拠点を有しており、拠点ごとに安全衛生基本方針を掲げ、安全活動に取り組んでいます。当社グループ及び他社で発生した災害事例を国内外の生産拠点へ展開し、情報を共有するとともに再発防止に努めています。

健康管理

定期健康診断及び人間ドックで、要治療や要精密検査等の判定があった従業員に対し、産業医や保健師による適切な指導を行うほか、社内レクリエーションやクラブ活動等を積極的に行い、従業員の健康増進と社内コミュニケーションに努めています。

メンタルヘルス教育

社内でメンタルヘルスに関する講師を養成し、各事業所でメンタルヘルス教育を行っています。社内講師による教育によって、事業所ごとの特性に合った指導が可能となっています。

「三菱製鋼 健康サポート」の開設

外部企業に業務委託し、医師や看護師、産業カウンセラーに健康上の不安やメンタルヘルスの悩みについて相談できる社外相談窓口を設置しました。職業生活におけるさまざまな問題に関して、電話やウェブサイトを通じ、年中無休の無料相談を利用できます。また、面談によるカウンセリングを受けることも可能です。プライバシーは厳守されるため、安心して利用することができます。

三菱製鋼 健康サポート体制

従業員とともに(人権・雇用)

当社グループでは、人権を尊重するとともに、仕事と生活が両立でき、働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。

人権の尊重

当社グループでは、「社員の人権・人格・個性と多様性を尊重し、差別を行わない」ことを「三菱製鋼グループ企業行動指針」に掲げています。「三菱人権啓発連絡会」へ参加し、三菱グループ各社の人権担当者との意見交換会や講演会へ出席するなど、人権意識の向上に努めています。また、ハラスメント対策として従業員の相談窓口を設け、人権侵害を未然に防止する施策を講じるとともに、人権問題に対して迅速かつ適切に対応できるよう相談員の教育を実施しています。

多様な人材の活用

女性活躍の推進

女性活躍の推進は経営戦略の一つであると位置づけており、育児に関する制度の拡充をし、育児休業取得後の継続就労者も増加しています。また、新入社員研修では各工場での実習を通じて“ものづくりの原点”を学び、さらにはグローバルで活躍できる人材育成として海外拠点へ派遣するなど、活動の幅を広げています。女性活用の推進における2020年までの目標として、「女性社員比率15%」「女性管理職5名」を目指し、その基盤づくりとして女性の新規採用の拡大や、事業所の女性用厚生施設の整備を進めています。

  • 外部講師による研修
    女性社員のキャリア意識向上と、管理職の女性部下とのコミュニケーションの円滑化を目的として、外部講師を招いたダイバーシティ研修を実施しました。
  • 事業所での環境整備
    事業所における女性用シャワーの設置や、トイレのリニューアルなど、女性社員が働きやすい環境の整備に取り組んでいます。

障がい者雇用

障がい者雇用は企業の社会的責任と捉え、雇用を促進しています。一人一人が最大限の能力を発揮できる環境を整えつつ、今後も法定雇用率2.0%以上の雇用を目指していきます。

シニア社員制度

定年退職後も技術や知識を生かし伝承するため、希望者を再雇用し、継続して活躍できる場を提供しています。

ダイバーシティ研修

ワークライフバランス

育児を行う従業員に対する子育て支援として、法定基準を上回る制度で支援を行い、また、高齢化社会に向けて、介護支援制度の充実を図っています。仕事と家庭を両立できる職場環境づくりを推進しています。

育児休業規程  
休業期間 子が最長1歳6か月まで繰り下げ可
育児休業を希望しない場合の取扱い 子が3歳まで、請求により時間外労働免除等の措置
子の看護休暇 子が小学校3年生まで、1人の場合5日/年、2人以上の場合10日/年を限度
所定労働時間の短縮 子が3歳まで、所定労働時間を6時間/日(時間帯は都度調整)
時間外労働の免除 子が3歳まで、時間外労働を免除
時間外労働の制限 子が小学校就学前まで、24時間/月、150時間/年を限度
育児のための深夜業の制限 子が小学校就学前まで、請求により原則深夜労働を免除
介護休業規程  
休業期間 対象家族1人につき最長1年間
介護休業を希望しない場合の取扱い 請求により時間外労働を免除
介護休暇 対象家族が1人の場合、5日/年、2人以上の場合10日/年を限度
介護のための短時間勤務 最長1年まで
介護のための時間外労働の制限 24時間/月、150時間/年まで
介護のための深夜業の制限 請求により、原則深夜労働を免除

従業員とともに(人材育成)

当社グループでは、仕事と生活が両立でき、働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。また、従業員の能力が生かされるよう、職種やキャリアに応じたさまざまな研修を行っています。

人材育成

新入社員育成に関する取り組み

新入社員育成の取り組みとして、社会人としての基本を主体とした導入研修に加え、3ヶ月の工場実習を組み合わせた育成プログラムを行っています。配属後は、エルダー社員制度により、教育及び相談相手として新入社員1名に対し、教育担当の先輩社員1名を任命し育成しています。

8月に配属し、入社3年目まで、エルダー社員制度により若手先輩社員によるマンツーマン教育・指導を実施しています。新入社員の早期育成と仕事に対しての不安解消を図っています。

新入社員研修

階層別教育

従業員一人一人がその役割に応じて遂行すべき職務のスキルを身につけるため、階層別教育を実施しています。

階層別教育(マネージャー研修)

公的資格取得報奨制度

公的資格を取得する意欲及び自己啓発意欲を向上させるための一助として、公的資格取得報奨制度を定めています。従業員が公的資格を取得した場合は、資格の種類に応じた金額の報奨金の支給を受けることができます。簿記検定や産業カウンセラー、電気工事士、クレーン運転士等、幅広い種類の資格が対象となっています。

Eラーニングの導入

自己啓発の教育ツールとして、Eラーニングを導入しました。スマートフォンの利用にも対応しており、時間や場所に拘束されずに自由に学習することができます。語学学習、メンタルヘルス等のマネジメント系のほか、技術・技能に関する知識やパソコンの実務知識まで、幅広いカリキュラムの中から任意のコースを選択し受講することができます。受講を促すための継続的な取り組みとして、事務局が定期的にEラーニング通信を発行し利用を促進しています。

グローバル人材の育成

【海外研修制度】

海外研修の様子

海外で活躍できる人材を一人でも多く輩出するため、2008年から海外研修制度を導入しており、海外事業に直接関係する事業部門だけではなく管理部門からも研修生を派遣しています。
2年間の派遣期間で、語学能力向上に努めながら業務実習に取り組み、その国特有の制度・文化に理解を深め、異なる価値観を尊重できる柔軟性を身に付けていきます。将来、再び駐在員として、もしくは日本国内で海外関連業務をけん引できる人材として、活躍することが期待されています。

【セブ英語留学制度】

マンツーマン授業の様子

業務上、英語で会話する必要性が高い人材の即戦力養成として、セブ英語留学制度を実施しています。フィリピンのセブ島にある大学に短期留学し、マンツーマン授業(4時間)を含む最大9時間/日、3カ月受講し、英語力を磨きます。

海外赴任前研修

海外赴任が予定されている従業員を対象に海外赴任前教育の拡充と定着化を図っています。赴任前の短期間に、海外危機管理研修を実施するとともに、現地スタッフへの理解を深めるため、赴任国の文化・社会的背景について学びます。また、帯同家族には海外生活や子女教育について相談機関を紹介しています。十分な備えをすることで、海外で活躍できる環境を整えています。

地域社会とともに

地域の一員として、さまざまな社会・地域貢献活動に取り組むとともに、積極的なコミュニケーションを通して社会との共生を目指します。

ボランティア活動

災害被災地支援活動

支援物資の荷台付き三輪車
  • インド洪水被害被災地支援

MSM SPRING INDIA PVT. LTD.(インド)では、当社が以前より社会貢献活動先として支援している団体「ワールド・ビジョン」を通じて、現地法人の社長を含む3名が支援物資の配布活動に参加しました。2015年12月に大きな洪水被害にあった地域の低所得世帯19世帯を対象に、物資を配布しました。配布物資の内容は、屋台台車、石炭アイロン、荷台付三輪車、商店開業のための仕入商品一式、各家庭用の調理用なべ・プラスチックバケツ・プラスチック椅子です。今後も現地での社会貢献活動を行ってまいります。

  • 熊本地震被災地支援

2016年4月に発生した熊本地震被災地に対する支援として、三菱長崎機工(株)では、食糧・水・簡易トイレ等の物資を提供するとともに、三菱製鋼(株)、三菱製鋼室蘭特殊鋼(株)、三菱長崎機工(株)の3社で総額150万円を義援金として拠出しました。また、当社従業員が地震によって落下した瓦の撤去作業やブロック塀の解体・撤去作業等のボランティア活動を行いました。

絵本を届ける運動

絵本に訳文シールを貼る様子

アジアの子どもたちへの教育支援活動を行っている公益社団法人シャンティ国際ボランティア会の「絵本を届ける運動」に賛同し、2013年度より活動を行っています。
貧困や紛争地域で経済的・社会的に教育が困難な子どもたちを支援するために、図書が不足している各国へ訳文シールを貼った日本語の絵本を届けています。2015年度は「ラオス語(ラオス)」「ビルマ語(ミャンマー)」「ダリ語(アフガニスタン)」の計3種類の訳文シールを貼る作業を行い、子どもたちに届けられました。2015年度も継続して活動しています。

地域の皆様との交流

八幡臨海まつり(千葉製作所)
  • 八幡臨海まつり

千葉製作所では地元町会、商店会をはじめとする諸団体と八幡臨海部町会連合会に所属する地元企業群とが一体となって開催される「八幡臨海まつり」に参画しています。
まつりの企画運営や模擬店の出店などを通して、地域とのコミュニケーションを図っています。

納涼盆踊り大会(広田製作所)
  • 広田製作所納涼盆踊り大会

広田製作所では毎年8月に納涼盆踊り大会を開催しています。広田製作所従業員や協力会社の方だけではなく、近隣住民の方々にも参加いただき、大いに賑わいます。

  • 地域住民の見学会

広田製作所周辺自治区の方々を招き工場見学を実施しました。この見学会は、年1回の環境説明会時に自治区長の皆さんの要望に応え開催しました。

  • むろらんファミリーフェスティバル

三菱製鋼室蘭特殊鋼(株)では、新日鐵住金(株)室蘭製鉄所殿の構内企業が中心となり企画運営される「むろらんファミリーフェスティバル」に参画し、従業員やその家族がチーム対抗スポーツ大会などで親睦を深めています。

  • 三菱製鋼長崎製鋼所原爆殉職者慰霊祭

長崎県長崎市には、旧三菱製鋼長崎製鋼所がありました。勤務中に原爆で殉職された1,400名以上の諸先輩方の慰霊を毎年8月9日に実施しております。また、被爆から70年を迎えた2015年に、犠牲となられた数多くの原爆殉職者の慰霊と鎮魂をあらためて願うとともに、この地で苦難を乗り越えて復興した長崎製鋼所の歴史を語り継ぐため、銘板を設置しました。