環境マネジメント

環境マネジメントシステムを構築・運用して、積極的な環境保全活動を進めています。

地球温暖化対策

2015年度のCO2排出量は、国内事業所計で17万4千トンとなり、2005年度の29%減となりました。なお、2005年度は現在、日本が国際的にコミットしている温暖化ガス削減目標の基準となる年です。また、活動目標としてCO2原単位で対前年度1%削減することに取り組みましたが、結果として9%の悪化となりました。

  • コンプレッサー電力削減:千葉製作所
自巻1号、2号塗装前処理後水切りブロアファン

巻ばね製品の塗装前の水切りのコンプレッサーによる圧縮エアをブロアファンに置き換え、年間約70,000kWhの電力を削減しています(37トンCO2の削減)

  • 冷却水ポンプ電力削減:千葉製作所
水槽制御盤

老朽化した水槽制御盤の更新に伴い、冷却水循環ポンプのインバーター化を行いました。圧力制御で電動機の回転数を制御し、電力を削減する事でCO2排出減を図っています。

  • 燃焼ガス削減:三菱製鋼室蘭特殊鋼㈱室蘭製作所
取鍋の予熱

製鋼工場の取鍋予熱装置2基を排熱効率の高い省エネタイプのリジェネバーナーへ更新しました。この更新により、製鋼工場の燃焼ガス使用量は、従来比12%の削減を達成しています。

廃棄物等の削減・再資源化

事業活動に伴って発生する廃棄物の削除やリサイクルに取り組んでいます。

  • エアドレン廃油水削減:千葉製作所
コンプレッサー室
ドレン処理装置

環境負荷物質の管理

環境負荷低減のため、事業活動に伴う環境影響を把握し、環境法規制の遵守に取り組んでいます。

  • 臭気の低減:広田製作所
鋳込みラインのファンからの消臭
鋳型製作工場のダクトからの消臭

鋳型への溶鋼鋳込時や鋳型の製作時に鋳型に含まれる樹脂から発生する臭気を中和剤で分解・消臭し、工場内の作業環境を改善、工場外への排出を防いでいます。

2015年度 環境データ

1.環境保全コスト

環境省「環境会計ガイドライン」を参考に集計しています。

(単位:百万円)

分類 主な内容 費用 投資
1.事業エリア内コスト
  • 資源循環コスト(産業廃棄物の処理・リサイクル費用等)
  • 公害防止コスト(大気・水質・土壌汚染防止等)
  • 地球環境保全コスト(温暖化防止・省エネルギー等)
751.8 151.0
2.上・下流コスト
  • 製品・商品等の回収、リサイクルの為のコスト等
0.0 0.0
3.管理活動コスト
  • 環境負荷監視の為のコスト(分析測定費用等)
  • 環境マネジメントシステムの整備、運用の為のコスト(外部機関審査費用等)
  • 事業活動に伴う環境改善対策の為のコスト(工場内美化費用等)
46.1 0.0
4.研究開発コスト
  • 製品等の製造段階における環境負荷の抑制のための研究開発等
37.0 0.0
5.社会活動コスト
  • 環境関連団体に対する会費・参加コスト等
0.4 0.0
6.環境損傷対応コスト
  • 環境の損傷に対応する引当金繰入額及び保険料等
0.3 0.0
合計 835.6 151.0
  • 本社及び主要3事業所計

2.環境マテリアルフロー(主要3事業所計)

生産活動におけるインプット・アウトプットを集計し、環境負荷の状況を定量的に把握しています。

INPUT
原材料投入 53万トン エネルギー投入 3,028テラ・ジュール 水資源投入 1,057万m3
OUTPUT
副産物 20,403トン 大気への放出 総排水量
再資源化量 最終埋立量 SOx NOx CO2 955万m3
6,689トン 13,714トン 2.4トン 19.3トン 17.4万トン

3.PRTRデータ(化学物質排出量・移動量データ)

単位:トン/年

事業所 物質名 政令番号 排出量 移動量
大気 公共用水 土壌 自社内埋立 下水道 事業所外への移動
千葉製作所 亜鉛の水溶性化合物 1 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.4
エチルベンゼン 53 0.9 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
キシレン 80 2.4 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
トルエン 300 7.6 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
広田製作所 エチルベンゼン 53 1.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
キシレン 80 0.8 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
クロム及び3価クロム化合物 87 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 19.0
コバルト及びその化合物 132 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.5
1,3,5-トリメチルベンゼン 297 0.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
ニッケル化合物 309 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.0
バナジウム化合物 321 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.2
マンガン及びその化合物 412 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 16.0
モリブデン及びその化合物 453 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.7
三菱製鋼室蘭特殊鋼 2-アミノエタノール 20 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.5
クロム及び3価クロム化合物 87 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 5.7
トルエン 300 0.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
鉛化合物 305 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.0
ニッケル 308 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.1
マンガン及びその化合物 412 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 24.0
モリブデン及びその化合物 453 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.6
  • 取扱い量1トン以上の化学物質を記載しています。
  • PRTRとは、人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質が、事業所から環境へ排出される量及び事業所外へ移動する量を、事業者が自ら把握し国に届け出をし、国は届出データや推計に基づき、排出量・移動量を集計・公表する仕組みです。

4.大気データ

事業所 設備 物質 単位 規制値 実績値
千葉製作所 加熱炉 NOx ppm 150 47.3
ばいじん g/m3N 0.2 0.05
広田製作所 加熱炉 SOx K値 17.5 0.09
NOx ppm 180 40
ばいじん g/m3N 0.2 0.07
ボイラー SOx K値 17.5 2.7
NOx ppm 180 73
ばいじん g/m3N 0.3 0.08
溶解炉 SOx K値 17.5 <2.0
NOx ppm 180 73
ばいじん g/m3N 0.1 0.06
三菱製鋼室蘭特殊鋼 加熱炉 NOx ppm 130 96
ばいじん g/m3N 0.15 0.01
溶解炉 ばいじん g/m3N 0.15 0.01
  • 実績値は、最大値を示しています。

5.水質データ

事業所   千葉製作所 広田製作所
項目 単位 規制値 実績値 規制値 実績値
pH(水素イオン濃度)   5~9 7.2~7.9 5.8~8.6 7.0~7.7
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L - - 25 1.5
COD(化学的酸素要求量) mg/L 10 6.9 - -
SS(浮遊物質濃度) mg/L 20 4.8 70 25
油分 mg/L 1 0.5 5 4.5
銅含有量 mg/L 1 0.02 1 <0.05
亜鉛含有量 mg/L 1 0.11 2 0.19
溶解性鉄含有量 mg/L 1 0.33 10 0.13
溶解性マンガン含有量 mg/L 1 0.01 - -
クロム含有量 mg/L - - 2 <0.05
窒素含有量 mg/L 33 *47 - -
リン含有濃度 mg/L 2 0.79 - -
鉛含有量 mg/L - - 0.1 <0.05
フッ素含有量 mg/L 10 0.9 8 1.1
アンモニア、アンモニウム化合物
亜硝酸化合物及び硝酸化合物
mg/L 100 15 - -
  • 実績値は、最大値を記載しています。
  • 千葉製作所排水にて、窒素規制値33mg/Lのところ、47mg/Lと超過
    行政(市、県)に報告し、水洗い槽の散水設備の改善を行いました。